ホーム  貴金属相場情報  慶長小判

慶長小判

関が原の戦いの後、天下統一をはかった徳川家康が、全国に通用させることを目的として、慶長6年(1601年)に始めて鋳造した金貨。小判には、表面に額面「壱両」の極印と、金座の責任者である後藤庄三郎光次の名前(「光次」の文字)、および花押(署名)が打刻されています。

  • 素材:純金
  • サイズ:約40mm×75mm
  • 重量: 約17.7g

※ 裏面にロゴマーク/999.9の刻印入り

※ レプリカ

※ 桐箱(別売り/税別500円)に収納可

ホーム  貴金属相場情報  慶長小判・二十圓金貨